2010/09/25

洞川温泉で骨休め【その3】

【その3】でようやく本題の星景写真の成果発表です。

この日の奈良県南部は最高に晴れ上がって、星見には絶好のコンディション。
お盆休みとあって大台ケ原にも星ヤさんがたくさん来られてたことでしょう。

こちらの天川村も読んで字の如くご覧の通り。
アンドロメダ星雲を真上に見ながら、奈良では久々の星景撮りです。
α550 18mm F3.5 30s ISO3200

お月さんも地平線に姿を消し、いよいよ天の川銀河の登場です。
飛行機入ってしまったけどまぁしゃーないか…。

洞川周辺でも撮影しているうちに、“いつもの欲目”が出てきてしまいましてね(;・∀・)
気が付けば309号線を遡って、弥山の麓まで来てしまいました(笑)
鉄山の尾根筋からバリゴヤノ頭、稲村ヶ岳方面です。
稲村は暈を纏って良い感じ。
それにしても大阪の光ここまで届いてますからね。

ペルセウス流星群の極大は過ぎていましたが、天頂に近づくにつれて広範囲に放射されていました。↓左上に1つだけ。

久しぶりに撮ったのは関係ないくらいボヤついた画になってる(;´Д`)
レタッチするにしても雑雑しい仕上がりだ…。
こうなったらもう少し明るめの広角を衝動買いしたくなってきた。

と、この時思ったのもあって先日買っちゃいました。
撮影レポはまたの機会にアップしたいと思います。

シャキっとしたい!(`・ω・´)

微速度の材料を撮ってるうちに気が付けば1時過ぎ。
せっかく素晴らしいお宿に泊まってるのにいつもの癖で朝まで星景撮ってしまいそうだったので
ブンブンに飛ばして309号線を下って花徳旅館へ。

このまま家に帰りそうなところですが、翌日はなんと熊野へ下る予定です。
お盆休みは“休みなく”満喫したのでネタだらけでしたヽ(´ー`)ノ

次回は熊野の花火編です。


↓ランキングサイトに参加しています
みなさまのあたたかいクリックが励みになります

もひとつお願い
人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントいただけると嬉しいです^^;