2012/04/29

大阪・高槻の男性遭難か 奈良・天川


大阪・高槻の男性遭難か 奈良・天川
2012.4.26 19:00
26日午前8時35分ごろ、奈良県天川村役場から「登山客が予定を過ぎても戻らない」と県警中吉野署に通報があった。同署は遭難した可能性が高いとみて、八経ケ岳(標高1915メートル)付近などを捜索している。

同署によると、登山客は大阪府高槻市弥生が丘町の栄養士、西岡保さん(38)。「1泊の予定で天川村方面の一番高い山に登る」と言い残して24日早朝、自宅を出たが、25日夜になっても戻らず、家族が同村役場に連絡した。食料やテントなどを持参していたとみられるが、携帯電話は通じないという。

同日近くにいらっしゃったことになります…。
26日昼過ぎに中吉野警察から電話があり、その時に聞いた遭難者の特徴です。
・緑のモンベルのジャケット
・黄土色のズボン
・テン泊装備
・メガネなし
・9時頃から川合発

大川口に向けて歩いていたと思われる単独の方を追い越したので、
川合ルートで登ってないのでは…と思っています。
9時頃川合を出発し狼平で幕営か?との推測でしたが、
翌朝狼平から弥山辻へ戻り返して八経に駆ける事も考えづらいので、
朝ダラダラする僕と弥山~八経ヶ岳間のどこかで擦れ違うはず。

12時半くらいに大川口手前でミートしたということは、川合から309に入っていれば辻褄が合うタイミング。その時の服装はベージュ?のキャップにネイビーっぽいシャツでしたが、暑さでアウターを脱いでいたことも考えられます。
鉄山から取り付いたか、聖宝谷から取り付いたか、修復山辺りの破線ルート沿いか…。
GWに双門や鉄山へ登られる方は、余裕があれば尾根の脇などにも目を配っていただけたら幸いです。
何より同年代ということもあり、とにかく無事であって欲しいです。


今日もこれから弥山に登るので行ける所だけでも目を配りたいと思います。

↓ランキングサイトに参加しています
お手数ですがクリックして頂ければありがたいです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



もひとつお願い
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

8 件のコメント:

  1. 24日 天川村川合の役場前を9時10分頃出発し、単独で狼平ピストンした女です。(月香)
    栃尾辻11時45分頃通過、確かその後 登山道右手奥に
    ツエルト?のような青い巻物があったと思いました。(通り過ごしましたが、あれ?とかなり気になりました)

    狼平小屋 13時45分着 先客の前夜泊(確かメガネの男性(大阪)は今夜も泊まって明日下山予定の方。
    その後到着のメガネの男性は今夜は山泊とだけお聞きしました。

    私が下山しかけた14時10分頃着の男性。
    30過ぎ位のどちらかと言えば細身のちらっと見ただけですが165センチ~170センチ位のメガネなし。
    紺色っぽい半袖のTシャツで確か下はベージュ系。
    皆さんザックは大きかったです。
    (この日は暑く私も半袖でした。)

    川合から途中までは大きな靴跡一人分だけの模様。
    熊渡り近辺から靴後が2~3人分だった模様。(初なので
    あくまでもそう感じたです)

    この方と青いツェルトがずっと気になってネットで調べていました。 早く見つかりますように願っています。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      昨日も県警のヘリが一帯山域を飛んでいましたが、発見に至らず…
      弥山小屋でも色々と情報交換してきましたが、錯綜しているようです。

      役場前を9時頃出発しておられるのでしたら、栃尾までは姿や気配もあったでしょうね。
      川合~狼のピストンであれば尚更復路ですれ違っておられるはずですもんね…。
      それか熊渡からカナビキを登られたのかもしれませんね。

      25日の早朝、狼平宿泊とみられる空荷の男性二人組が奥宮~八経ヶ岳へ。
      その後僕も八経へ向かったのですが、山頂にいる時に狼平泊りとみられる男性一人と擦れ違いました。その他に弥山山頂の幕営2パーティー以外やはり見当たらないのです(-_-;)

      実は栃尾辻の登山道奥は昨年も一人上がっていまして…。
      ツェルトの件もひょっとしますし、戴いた情報も合わせて報告させていただいきます。
      近くにいたと思うと気になりますよね。。

      削除
    2. 色々と有難うございます。

      毎日覘きに来ては、発見の文字を探し「良かったですね]と書ける事を待って
      いましたが、どこのサイトを探してもまだ解らないご様子、残念です。

      思うに、狼平に24日午後2時10分頃到着された方は別人ですね。
      大川口12時半なら どうも時間的に無理そうですね。
       
      日にちだけが過ぎて行き 本人様やご家族様方の心情を思うと、山を歩くものとして心苦しい限りです。皆様の努力が早く山の神様に伝わりますように。

      削除
    3. 月香さま>
      こちらこそ有力な情報を寄せていただき、ありがとうございます。

      僕も最後にコンタクトを取った人間として、何故もう少し何か引き出せる会話をしなかったのかと、自問自答してしまいます…。

      色々な情報・時系列を整理すると、24日に月香さまが14時過ぎに狼平で擦れ違われた男性が、今回遭難された西岡さんと推測されます。
      仮に狼平で休憩された後、弥山山頂に辿り着かれたとすると15時半前後になると思います。
      僕が15時40分に山頂に着いたときには、テント設営に取り掛かられた時でした。
      先日寄せて下さった特徴もほぼ間違いないかと思われます…。

      今週末は天候が良さそうなので、御家族の方にお声を掛けさせてもらって僕も捜索に登る予定をしています。
      警察の捜索も打ち切りになり、それ以降の捜索活動は皆無になってしまいましたので、
      僕も可能な範囲で捜索に力添えしたいと思っています。

      削除
  2. ケスンシュ様
    あれからもう一年 時折どうなったかあちこちネット検索していましたが
    どうも未だに発見には至ってはおられないご様子。

    少しでもお手伝いをと思うのですが 八経ヶ岳から狼平間はまだ歩いた事が無く
    また日帰りしか予定出来ないのでなかなか お力に成れないのが虚しい限りです。

    本日でちょうど一年、、、早い発見とご冥福をお祈りいたします。

    返信削除
    返信
    1. 月香さま>

      あれから一年経ってしまいましたね…。
      ここにはアップしていませんが、昨年から今年にかけて何回か捜索に入りました。
      と言っても一人で行ける範囲だけなので、成果を挙げれず難しい面も多々あります。
      本当に一日でも早い発見、そしてご家族のもとに帰れるように微力ながらでも頑張ります。
      何より忘れることはあってはならないと思いますので…。


      削除
  3. さすがシュンスケ様ですね。

    大台での遭難も何回も捜索しても見つかっていない方が数人おられます。
    大峰の山は発見も難しいのでしょうね、、、。

    同じく心に留め 願っております。

    返信削除
    返信
    1. 月香さま>

      大台も何名かいらっしゃるみたいですね。
      トイレに貼ってあるのを見かける度に、『なんだかなぁ』と思います。
      奈良県の山は奥深い故、登山道から外れていくにつれ発見が難しくなるのでしょうね。

      僕もリスクは冒さないように心掛けておりますが、得てしてそういうところへ迷われる方が多いのも事実。
      お互い気をつけましょうね。

      削除

コメントいただけると嬉しいです^^;