2012/04/20

第38回ダイトレチャレンジ登山

先日4/8(日)に大阪府山岳連盟主催の第38回チャレンジ登山大会に参加してきました。
スタート地点ふたかみパーク当麻のすぐ下の小学校出身の僕は二上山を含めほぼ少年時代を麓で過ごしてきた。今もベランダからは二上山~金剛山が一望できる親しみのある稜線・ダイヤモンドトレイル。
出発前のダイトレ(右は二上山~葛城山に掛けての稜線)
葛城山から二上山の間の縦走は中学の時に数回させられているし、
小学校に至っては二上山に登る年間行事も数回もあったり、部活でも幾度と無く登らされた。
『そういえば何年も登ってないな』ということで、中学校の同級生をバディにエントリー。


実は天候次第でエントリーするか決めていたので、朝からの快晴にウキウキ。
6時の日の出と共に到着。
山麓線の開通する前はここでバイクのミッションの練習してました(時効やな)



当日受付を済ませた後はトレランの出発を待ってスタート。


6時45分発の予定を遅らせ6時50分にP1のふたかみパークを出た。


高校生の時に郵便局のバイトで配達していた道を抜け、二上山に取り付きます。
祐泉寺から右の登山道へ登るのかと思いきや、みんな下山道の方へ登って行くので『!?こっちか!』


下山道を登り岩屋杉へ。桜はこの時まだつぼみでした。

そこからP2の竹の内へ下ります。
めちゃくちゃ美味しい草餅を食べて、岩橋山へ向け出発。

P3の岩橋山へは9:16到着。
周辺はごったがえしてたので休憩取らずに進みます。
それにしても、色んな山に木階段はあるけど岩橋山~葛城山の木階段は一番堪える…。

ガツガツ抜いていくウルトラライトなトレランナーや登山でも軽装の人。
特にかわいい女の子に抜かれるのは非常にモヤモヤしたものを抱え込みます(笑)
木階段の続くこの区間では所々で休む人もチラホラ。

先日二上山に登った友人(今回のバディ)から聞いたのですが、
「登山者かわからないけど救急隊員に心臓マッサージされてた』と聞いていたので、
今日は応急救護資格で固めた僕が着の身、着のまま行くはずがない^^
そんな旨で処置に掛かれるようファーストエイド万全な本番仕様で登りました。

何人かには声を掛けて処置しようと思ったけど、重症でもなさそうなので
『もし後でアカンかったら声掛けて下さい』と言いながらも進む隊列(汗)
あのお父さん(上の写真の帽子のおっちゃん)、葛城山でちゃんと下りてくれはったかな…。
みんなグングン進むし、みんな水の飲むタイミングも掴みづらいし、急に気温も上がったので
軽度脱水起こしてる人も多かったのかな。

山の話をすると、自宅のベランダからはダイトレが一望できる。
二上山から岩橋山、葛城山、金剛山まで見ることができます。
今はこの辺りかな?とか想像しながら歩くと楽しかったです。
昔の記憶とも重ね合わせながら登っていくが、こんなに階段あったか??と半笑い。
杉と檜の山も手入れされてるとやっぱり綺麗し、何より明るい。

P4の初級ゴールへは10:55分に到着。


我々は急ぐ旅でもないし、白樺食堂横でゆっくり昼食を作り約一時間休憩。

白樺食堂のテラスから自宅を見て、奈良盆地を見渡します。
正面奥には高見山からの台高山脈が見え、明神平の真っ白な山並みも。

葛城山頂にも足を運んでから12:05に水越峠への向けて出発。


目指すゴールは向こうの山頂(笑)


ここから小一時間は下り一辺倒、そこそこの急勾配です。
P5の水越峠には12:49分に到着。


振り返ると今激下りしてきた下り。。。


その後は暫く林道の舗装路でジワジワ締め上げられ、金剛山核心へ取り付く木階段に足枷嵌められ(笑)
金剛山への登山道先日の雪も微かに残っていました。

久しぶりに歩くダイトレの印象は本当に綺麗に整備されてるな~という印象。
思わず前の人も止まってカメラ取り出してました。

P6の中級ゴールには14:37到着。
今回のもう一つの目標は中級ゴールを担当されていた二剛会の山田さんにお会いしに行くこと。
TwitterやFacebookではいつもお世話になっている方で、お会いできるいい機会でした。
ガシッと固い握手で迎えてくださり、短時間ではありましたが山の話もしていただき有意義なゴール後の時間になりました。

そして中級でゴールすると最初から決めていた我らパーティー。
カタクリの道で一杯お茶を嗜んだ後、根を這った腰を上げ、、、福寿草を観てきました。




ロープウェイもちらちら気になってたんですが、先日の金剛山で公式山ガールに教えてもらった細尾谷から下りました。
前夜から駐車場に車をデポに来ていたので、おっちゃんにお金払える時間内に下りるということで汗だくで大急ぎ。丁度タイミングよくおっちゃんの軽トラが下るところだったので間一髪セーフ!

来月の縦走(まだ秘密)、夏の富士山シーズンイン使用に向けてまだまだ体を苛めないと…。
30kmの行動時間分析してみたかったのもあり重荷トライしてました。
とりあえず12kg背負って8時間行動30kmは今は何とかクリア。。(GPSでは30.8km)
程よい疲れで体も満足したと思います。

来年はもっと誘って餌食を増やすのも考えてます(笑)
参加者のみなさん、岳連・ボランティの大会関係者含め、皆様本当にお疲れ様でした^^


再び道の駅へ戻り解散。
ちなみにこれがいつもの道の駅です(笑)


大阪府山岳連盟さんの'12チャレンジ登山報告です
http://sangaku-osaka.com/tokubetu/12/callengi/houkoku/index.html


↓ランキングサイトに参加しています
お手数ですがクリックして頂ければありがたいです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



もうひとつお願い
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントいただけると嬉しいです^^;