2011/06/23

山中湖畔へ来てみました(5/24)

これまた5/24-25に掛けて、山中湖へ通い詰めておりました。
下の写真、赤線区間は前回、前々回の記事で六合目まで下見登山した区間です。

当初は富士山の西側へ行き、夕焼けに染まる富士山を撮ろうと計画。
本栖湖辺りまで行って撮ろうかな~と思っていたけど、ここで優柔不断君登場。

Ψ(`∀´)Ψ『山 中 湖 も え え ん ち ゃ い ま す の ?』

・・・お。おぅ!行ったろうやないかぃ!

という経緯があり山中湖に決定したわけです。
思い立ったのはスバルラインに向けて登り始めた頃。

まずは北麓を抜けて中ノ茶屋から滝沢林道を登りました。
林道を遡ってると何やら物騒な表示が…(笑)

馬返しまでは行こうと思ってたのですが、時計を見ると日の入りが迫ってる…。
結局馬返しまでは行けず途中から富士山を見上げました。



中腹からスタコラサッサと下り、なんとか日の入りまでに山中湖へ到着。
湖畔東側の三国山に中腹にあるパノラマ台へ。
http://yamanakako.info/leisure_hiking.php?mode=mikuni

完全な日の入りまでは30分以上あるので何枚か撮影。
焼けることを期待してこっち側へ来ただけに、雲の流れが気になって気になって…。
でも、眼下に広がる新緑の向こうには富士山。
これぞ正真正銘日本の原風景って感じします。

左から河口湖へ向けて下がる富士山の裾野の広がりがよくわかります。

程よく太陽も沈みかけてきたのでいよいよ焼き待ちタイムです。

もうすぐ…もうすぐ…

Σ(*゚Д`;)ア…ア…アッハァァァァァァァァ?!!
こ、これは期待大!

湖面も焼けてコントラストが堪りません

焼け終わった後はしっとりと絵の具で塗りつぶしたような曇天へ
至福…こっち来てよかった…(西側斜面も綺麗に焼けて紅富士だったそうです)

全て見終えたのは19時過ぎ。
この後K氏と夕食の為、河口湖へとんぼ返り。

でもまた車を停めてパシャ。
しかしまぁ、なんと雄大な景色なんだろなぁー!と気が付けば三脚持ってカメラ構えてました。

ちょっと中心ずれたけど、こんなの面白いかなと思って撮った一枚。

以上、5/24分の山中湖からの夕焼けでした。
<一番焼けたピークの時間帯>


(;´∀`)えぇ、もちろん次の日も行きましたけども(笑)



↓ランキングサイトに参加しています
お手数ですがクリックして頂ければありがたいです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2011/06/16

富士山 六合目まで下見(5/25) 後編

写真が多いので後編用意してみました。
別に小出しにするわけでもなく、ただ単に撮り過ぎてしまったのです(;・∀・)

さて、安全指導センターまで登ってきましたが、ここから先はちょいと装備不足で登れませんでした。
だって朝から足和田山登ってそのままの姿なんですもの。
え?(;´∀`)・・・た、短パンです。
冬山装備は持ってきてません。

六合目から上は眺めてきただけです(笑)

シーズンには見上げると人。人。人。人。になります。
まだ開けてる小屋はないので見るからに人の気配がありません。

でも、実際は何人かは上に登っています。
このシュプールがその証拠、先程すれ違った人たちの滑った後かな

8合目辺りに風雪が巻きはじめた頃、
吉田ルートからひとりのおっちゃんが登ってきた。

こんな時間から登らんよな~と思ってると、適度な(?)軽装備で登り始めたw
時計を見ると17時前なので、さすがに程ほどで下りてきただろう…あくまで憶測。
17時過ぎには五合目に戻ろうと思ってたので、ここいらで引き返す。

陽も少し落ちてきて、斜陽から伸びる影

見上げる頂上には雪煙
風が強そうだ…

ここで登りの数名とすれ違う
聞けばこれから上でテン泊だそうな。
どこの小屋の影に張んねん(笑)
基本的に富士山はテン泊禁止です。

去年の飛び出せ!科学くんでも放送された富士山の彩雲。
これを見ると幸せになるとかならないとか…もう何回も見てるけど、ありがたみはあるのかい?w

下りは少し滑りそうだったので慎重に下りてきました。
ルート表示板に書いてあるのは泉ヶ滝から山頂までは6km、6時間25分。

健脚な方はもっと速く登れますが、心肺が足に追いつかない為に高山症になりやすいです。
ガイド目線ではそれくらい時間を掛けて高地順応しながら登ります。

この先に五合目が待っています。
下山してきた人にとって一番疲れが出る最後のゴール前。

今朝登ってきた足和田山

立ち止まって写真を撮っていると、ツッコミどころ満載なお方が!(爆笑)
写真を見てみなさんもツッこんで下さい。

とりあえず見て見ぬフリなんてできなかったので、一通りはツッこんでみました。
コメントにツッこんで頂けると幸いです。
ちなみに、革靴でしたwww

で、彼は何回も尻餅ついたんでしょうか。
パンツまでびちゃびちゃです。

なんだか面白いものを見たので、ほっこりしながら17時過ぎに五合目へ帰ってきました。
雲上閣も17時で店じまいです。

こんな閑散とした五合目なんて五合目じゃない!

なんて思いながらスバルラインを下り、次の目的地へ向かってます・・・。

(;´∀`)・・・次ここです。

夕暮れが焼けそうだったので、いそいそと某湖へ通ってみました。
どこかわかりますか??

↓ランキングサイトに参加しています
お手数ですがクリックして頂ければありがたいです



富士山 六合目まで下見(5/25) 前編

軽く登ってきたという、前回のサイドストーリーです。


5/25は午前中に足和田山のネイチャーガイド。
午後からはフリーだったので、河口湖口の五合目へ。
河口湖から見ると五合目からは雪。
あまりに登山道がくっきり浮かんだのでちょいと行ってきました。





写真だらけになりそうです。

御庭駐車場より

スバルラインは開通しているので、五合目までは来れます

夏からは想像も出来ない人の少なさ

一応富士山自体の開山は7月1日からなので、
ゲートを越えると自己責任の世界になります…


何層も何層も積もってはります

眼下には左から富士吉田市街 自衛隊演習場 山中湖

だーれもいません


写真撮りながらゆっくり下ること15分、泉ヶ滝へ到着

左へ下ると佐藤小屋と星観荘 右へ登ると吉田口の登山道へ

前日の雪は10cm程の積雪に
この辺りでボードやスキーの板を担いだ数人とすれ違う



六合目安全指導センター前のシェルタートンネル

中は吹き溜まった後

普段ならゆーっくり小一時間、いや一時間掛けて歩くかもw
安全指導センター前~安全指導センター前~

もし今年登られる予定の方はココで登山ルートマップもらっていって下さい。
気さくな警察のおっちゃんが居ますので色々教えてくれます。

なんだか写真で一杯になりそうなので前編・後編に分けますね…(またかとか言わない)


↓ランキングサイトに参加しています
お手数ですがクリックして頂ければありがたいです
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村