2014/04/03

山上ヶ岳の遭難について

先日こういうのがありました。
天川の山岳救助隊の方から小耳に挟んでたのもあって色々考えてたんですが、
無事に下山されてよかったなと思います。

遭難の米国人教諭、救助 衰弱も命に別条なし 奈良・山上ケ岳
産経新聞 3月31日(月)11時9分配信
 3月23日に奈良県天川村の山上ケ岳(1719メートル)に向かったまま帰宅していなかった大阪市内のアメリカ人男性が30日、同村内で救助されたと、県警吉野署が発表した。衰弱が激しく病院に運ばれたが、命に別条はないという。
 同署によると、救助された男性は、私立中高一貫校に勤務するアメリカ人の英語教諭(35)=大阪市鶴見区=で、23日に「山上ケ岳から吉野山へ行く」と妻(39)に伝えて出発。23、24両日、村内の宿泊施設を利用したが、下山予定の26日を過ぎても帰宅しないため、妻から吉野署に通報があり、同署などが捜索していた。30日午後5時半ごろ、同村内の修行道場に助けを求め、救助された。
 同署によると、24日に山上ケ岳に登り、下山途中にルートから外れて遭難、山中に小屋を見つけて寝泊まりしていたといい、ナッツやリンゴなどを食べ、水分は雪を食べていたという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140331-00000508-san-soci


関係者筋では川上村領域の小屋に居たと聞いたけど、二蔵宿?「山上ヶ岳から吉野山へ行く」ということは、あっちの道すがらでステイしたんだろうけども。
あの辺りは林業用の舗装路もあるし、6日間もあそこにいたら奥駈を歩く一人二人には会うはず。
でも、記事読む限り同村内(天川村?)の修行道場(どこ?)に助けを求めたってさ。
清浄大橋から山上ヶ岳に登って折り返し。
そのまま奥駈を北上して、大天井ヶ岳~四寸岩山の周辺の巻きで迷ったのかな?

どちらにせよ、今年の1月にも一人『大峰山に行く』と言って一人出てきてない方もいます。“大峰山”というのは深田某氏が百名山に記した際に曖昧になってるように思えてなりません。
奈良県生まれ奈良県育ちの僕からすると“大峰”というのは山上ヶ岳のこと、先述した百名山の大峰山は八経ヶ岳(周辺山域)のこと。
これだけで探す山域は別の山域になってしまうので、難儀だなぁと内心思ってます。


雪融けてこれから登山者が増える山域、こういうことが無いように登山届はきちんと提出してもらいたいものです。
ヘンゼルとグレーテルみたいにお菓子をちぎりちぎり歩けるわけないのですから、命綱という登山届けだけは出して登るのが山に登る者の責務でもあると思います。
でも、このアメリカ人の先生、奥さんにザクッとでも行程を伝えておいてよかったと思う。
それだけで足跡を辿れるからね。

↓ランキングサイトに参加しています
お手数ですがクリックして頂ければありがたいです

もうひとつお願い
人気ブログランキングへ